年度を跨いでの雑感

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

どうも皆さんこんばんは。

今日は平日ですが、僕は休みでした。

僕の場合、休日だからと言ってアクティブに外に出て何かをする訳でもなく大体はPCの前に座って何かをしていることが多いです。

読書か、ブログとニュースのチェックなどなど。

ロイターやブルームバーグ、WSJの新聞を見ているだけでも割りと時間が過ぎ去っていきます。

恐らく結婚をすれば、休日のこの時間の使い方も変わっていくのでしょう。

そして毎日ブログを更新するって難しいですね笑

書いていて読み返すと下手糞過ぎてこれでいいのかなって思うことが多すぎて心が折れます。

まぁそれでも書くんですが…

会社や仕事に対する雑感

年度の変わり始めなので、上司が変わったり、新入職員が入ってきたりで慌ただしい毎日です。

仕事の内容にも変化が訪れたりで、ストレスを感じる人も多いのではないでしょうか。

僕の会社では既に年功序列の制度は崩れ去っています。

上司になるべき人間が、そうでない人間を追い抜き始めています。

追い抜く人間達は、他の人が帰宅する中、夜遅くまで仕事をしている人間だからです。多くの仕事を捌くために、遅くまで残っているとも言えます。

別に要領が悪いわけではなく、本気で仕事が楽しくて遅くまでやっている印象を受けます。

その努力が認められての昇進です。素晴らしい制度になったのでは無いでしょうか。

追い抜かれた人(元の上司)はちょっと言いたい気持ちもあるでしょうが、どちらが上司であるべきかと問われれば、遅くまで残って頑張っている人の方がいいです。

年功序列で上がっていた上司の中には、何故この人が上司なのだろうかと思うような人達もいます。

こうやって他人のことをあれやこれやと書いていますが、さて僕に上司としての資質や、努力する気持ちがあるのかと問われたとき、Yesとは言えません。

仕事にやりがいを感じていますし、楽しいとも感じます。しかし、自分の時間を犠牲にしてまで昇進の道をいきたいのかと問われれば、到底難しい道のりに感じます。

この気持が数十年後には変わっているのかもしれないので、ブログに残しておくのは案外面白いのかもしれません。

仮に昇進の道を諦めたとして、このまま今の会社を継続するべきなのか。転職するべきなのか、迷います。結構、昇進の道から外れた人達は小馬鹿にされている印象を受けます。

でも良く考えてみたら、役職の席って少ないじゃないですか。

誰かが座るということは誰かが座れないのは当たり前のことなのに、あいつは駄目だみたいな風潮になるのはどうなんでしょうね。

もちろん座るべきではないから座っていないのですが、人が何人もいればそういう状態になるのは必然でしょうに。

今のままでいることはできません。

何かしらの覚悟を決める必要があると最近感じています。

投資に対する雑感

長期投資を前提として、米国個別株投資を行っています。

でも長期ってどこまでが長期なんでしょう。死ぬまで?

分散効果がありそうなETFの購入もS&P500種に連動するようなものだけに絞っているだけに、米国にもしものことがあったら被弾は避けられないのだろうと感じます。

2度の世界大戦と数多の○○ショックを乗り越えてきただけに、まぁなんとかなるんじゃないの精神で投資を継続していきたいと思っています。

売買が非常に少ないので、たまにデイトレードでもやってみたい気持ちになりますが、恐らくやったところで鈍くさい自分は金を巻き上げられて終わりでしょう。

無難に配当再投資の効果が出るまで、辛抱強く水をやり続けます。

投資を始めたお陰で世界経済にも興味が出てきましたし、お金について本気で考える時間を持てたことは自分の人生にとってそれだけで大きなプラスになったことは間違いありません。

投資だけでなく、保険のこと、生活のことにまで応用できるのがお金だと思います。

これからも少しずつお金の知識を増やして資産運用していきたいですね。

※応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです!

 
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(20代)へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PC左側アドセンスコード PC左側アドセンスコード