2月の家計簿 引っ越し&家具の購入で支出62万円の大赤字

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

どうも皆さんこんばんは。

そういえば2月の家計簿を振り返っていませんでした。

平日ですと帰宅が遅くなるので、その状態で書きたいことがあってもなかなか手が動きませんね。

週休3日とかにならないでしょうか笑

支出内訳

支出が大きいものがあって相対的に円グラフがわかりづらいです。

家具の購入

4月から一緒に住むためにベッドと冷蔵庫を購入したため、支出が増大しました。

ベッドはシングルツインで4万円。アウトレットで購入しました。

所謂B級品?とかいうやつです。少しの傷なんて気にならんわ!ってことで二人でアウトレットで買いました。ニトリとかで見ますと10万円越えてくるのでそれなりにいい買い物でした。

冷蔵庫は確か新品で15万円くらいのものを買いました。

機械系のものを中古で購入する勇気は僕にはありません。

二人暮らしが始まるので、一人用の冷蔵庫だと絶対に足りません。ので、話し合った結果それなりの物を購入することになりました。

東芝製です。笑

株式は絶対に買わないですが、やはり良い物は作っているなぁと感じます。

それにしても、結婚するということはお金がかかりますね。

身にしみて痛感する毎日です。

他の家具はもともとの物で使えるものがたくさんあるので、それで代用することになります。

引越し代

新しい場所に引っ越すことになりまして、その費用もかかりました。

正直、新居に転居する際のお金やら引っ越し代やらは家計簿に記載していますが特別費なので除外するかどうか迷いましたが、かかった費用は全て目に見える形でわかったほうが良いだろうということで記載しています。

転居などにかかる費用を全て除外すれば、月の収支はプラスに収まります。

雑感

支出は全体で62万円程でした。

今までマネーフォワードで記録を付けてはいましたが、ブログを始めるまで振り返ったことなんて無かったかもしれません。

全体的な消費傾向として、飲み会が高いことが挙げられます。

お酒が好きなので何とも言えません。でも断るものもありますので、やはり一回の費用が高いです。

よくAll Aboutとかの記事だと「行くのは一次会まで!」「二次会は絶対断る!」みたいなタイトルで特集されていることがありますが、お酒が好きな自分ですとホイホイ付いていってしまうんですよね…

4月からパートナーと一緒に住むことになりますので、お小遣い制を採用しようと考えています。

今まで飲み会代を気にしなさ過ぎただけだと考えれば、そんなにストレスがかかることもありません。

飲み会にも呼ばれたらついて行っていただけなので、自分から後輩を誘って飲み会をする、ということはしませんので、消費は抑えられるかなぁと楽観的に考えています。

被服費についてですが、ほとんどお金をかけません。

ユニクロ2000円の服を5着用意してくれれば後はOKぐらいのスタイルです。

最近だと2000円のスニーカー買ったぐらいかな…

女性の服は安くて可愛いものが多いので羨ましいなぁと思うことが多いです。

なんで男性の服って高いんですかね。需要と供給の関係なのか、それとも男性のブランド志向故に高いものが多いのか…誰か良いデータや統計などがあったら教えて欲しいもんです。

まとめ

4月から2人の収入の合算に加え、保険などの見直しやら何やらで家計簿が大きく動きそうです。

相手は結婚をすれば退職も考えるでしょうし、ライフスタイルが決めづらいです。

ただ、子供もいないとなればDINKSと呼ばれる世代に突入するわけです。

ここが一番資産形成のための貯蓄を頑張れるときだと思うので踏ん張りどころ。

せっかくですから、伴侶にも協力してもらって資産形成したいなぁと思っていますが、結婚式と新婚旅行でまずお金が吹き飛びますので道のりは遠そうです。

それでは、また。

※応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです!

 
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(20代)へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PC左側アドセンスコード PC左側アドセンスコード