雰囲気で株を買っている人が慌てふためく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

どうも皆さんこんばんは。

昨日のNY株式市場は急落しましたね。それに釣られて本日の東京株式市場もかなり急落しています。

Market Hackさんの考察がとても参考になりました。

上院銀行委員会の幹部、シェロッド・キャンベル・ブラウン上院議員(民主党オハイオ州)が「ドッド・フランク法の完全撤廃は起きない」とコメントしたことがバンク・オブ・アメリカ(BAC)の投資家に嫌気されました。

僕は金融界の専門家でもなければ、何か突出して投資に関する能力に優れているわけでは無いので、素晴らしい知見を持つ人達の意見を参考にして投資をしています。

あくまで参考にして…です。その意見を取り込んで投資をしているのは僕自身であり、それによって損失が出たとしても、その責任はその意見を採択した僕自身にあるからです。

株式市場で動きがあったときにはその原因が何なのかということを知っておくことが大事だと感じます。

それがニュースの記事であれ、人の意見であれ、耳を傾ける一考の価値があると考えています。

今の株式市場の上昇はトランプ政権による期待感ということがわかります。

要人の発言が株式市場にマイナスであった場合、期待感による上昇分は消えてなくなる可能性が高いです。

しかし長期的に投資をしようと決めている場合、企業が利潤を追う姿勢と資本主義が崩れない限り、株式投資が一番懸命であろうということで、変に動く必要は無いと思います。

※応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです!

 
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(20代)へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PC左側アドセンスコード PC左側アドセンスコード