節約はお金持ちへの土台。節約できたら次は資産運用をしよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

どうも皆さんこんばんは。

皆さんは恐らく、お金に対してとても敏感だと思います。お金に対して気を張るのはとても大事なことです。そして皆さんは無駄なものにはお金を使わないように意識をしています。

今ではインターネット上で匿名ではありますが家計簿を公開したり、ファイナンシャルプランナーの方にアドバイスを求める光景が非常に多く見受けられます。

過度な節約は厳禁

過度な節約はストレスを生み出すため、極限まで絞る必要は無いと考えています。例えば食後のデザートが好きな人が節約のために、その毎日の楽しみを削ったところで3000円くらいでしょうか。3000円だって塵も積もれば何とやら…で後半には莫大な金額になるにはなるのですが、その人生の後半戦のためだけに今の生活を犠牲にするという考え方には賛同できかねます。

時間は戻らないのです。大学時代は楽しかった。高校時代も楽しかった。中学時代も楽しかった。でも、もうその時間は取り戻したくても永遠に得ることはできません。

全てを節約して、80歳になったとき、人生を振り返って思うのは何でしょうか?

恐らく虚無感でしょう。

何もしてこなかったという後悔がただただ残りの人生を覆い尽くすだけです。

だからと言って、懐に入ってくる全てのお金を、今この瞬間に使ってしまうのも駄目です。サラリーマンであれば自分の大切な時間を切り売りし、その対価としてお金を受け取っていますよね。自分の時間を削って得たお金を簡単に手放してはなりません。バランスが大事だと感じます。

金持ちへの方程式

バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのかという名著があります。太古の昔からお金について真剣に考えてきた人達はある法則を使って富を築いてきました。

収入ー支出+(資産×運用利回り)

知っている人は当たり前のように知っており、知らない人は意識すらしない黄金の方程式です。多くのブログで紹介されています。y=に当たる部分には何も記載されていなかったり、資産形成とかお金持ちへの方程式などの言葉が並びます。

10万円が給料前にコンスタントに残る人は1年を通して120万円貯まります。赤字の人は何時まで経っても貯まりません。当たり前過ぎてこれ以上説明の仕様が無いですが、当たり前や常識ってぶっちゃけ皆が皆出来ているわけでは無いと僕は考えています。だって年収1000万円の人が貯蓄無いとか僕からしたら一体何してるんだって思っちゃいますもん。

でも当たり前のことを当たり前のようにするって非常に難しいですよね。

大事なことは支出を収入より抑えるということです。これさえ守られていれば何にお金を使ったって大丈夫。本気で。

しかしどのくらいの割合にすればいいのか良くわからないので、多くの著書やファイナンシャルプランナーさん達は収入の10%から20%を貯蓄しましょうと言います。

手取り20万円であれば1万円から2万円ですね。

そして先取り貯蓄が最も威力が絶大です。給料が入った瞬間に自分では簡単におろせない口座にぶち込みましょう。自分で入れるの忘れちゃうって人は、今ならそういうシステムを銀行側がご丁寧にも揃えてくれているので相談しましょう。人間ってのは意志薄弱なのが当たり前なので、継続できるシステムを最初に構築することが大事です。

途中から始めればいいやぁ…なんて中途半端な気持ちで始めたら失敗します。

最初が肝心って良く言うでしょう?それです。

余裕資金ができたら少額から資産運用を始める

貯蓄体質ができたら今度は資産運用です。ここで言いたいのは早くから資産運用に対する耐性をつけましょうってことです。宝くじに当たった人間が一瞬にして不幸になる話を良く聞きますが、彼らは大きすぎるお金の扱い方がわからないのです。僕だっていきなり1億渡されたらおかしくなります。

自分のお金に対する器を大きくするために、少しずつ始めるのです。資産運用には値動きだってあります。株式投資したこと無い人がいきなり1000万円突っ込んで暴落で-50%になったら恐らく発狂するでしょう。

しかし資産運用歴60年のベテランなら多くの暴落を経験しているでしょうし、自分が扱うことが出来るお金がいくらなのかも熟知しているはずです。

ちなみに僕は100万円で株式投資を始めましたが-30%くらいになったとき唖然としました。米国株式なので為替損含めてです。売買はしなかったですが精神的に結構きました。

次同じぐらい下落しても売りはしないと思いますが買えるかどうか…これも経験なのでしょう。実際その場になったら思うのですが、怖くて買えません。これ以上下がったらどうしようとか考えちゃいます。

尊敬する著名投資家ウォーレン・バフェットは”暴落は友”とまで言い切りますが、本当に自信がある人でなければ実行に移すのは難しいです。

なので拝見しているブロガーさんの中には機械的にある一定期間ごとに一定額の株式を買ってる人もいます。先程の先取り貯蓄に似たように人間の感情を排斥したシステムを構築しているってことですね。

で、実際に資産運用を始めるには…ここで株式投資としましょうか。証券口座を開く必要があるのですが、これも経験したこと無い人にとっては本当にめんどくさいです。入金もめんどくさいです。国も資産運用して欲しいならもうちょっとわかりやすいシステム導入すればいいのにって思います。

何がめんどくさいって口座を開設するのはまぁいいとしてお金を入金するのに大抵ネット銀行使うのでそれも登録したりしないといけません。銀行振込もできますが、手数料を取られます。手数料を少し取られるくらいいいじゃんと思う方もいるかもしれませんが、資産運用を勉強している若しくは現在、資産運用をしている人ならば手数料は絶対に払いたくないと思っている人が大半だと思います。すると必然的に手数料無料でできるネット口座を開くことになります。

ゆうちょダイレクトにしたってゆうちょ銀行開設している人は大勢いると思いますがゆうちょダイレクトまで開いてるかって言うと疑問。そもそも手数料取られたくないって発想に到れるかっていうのも疑問。

壁がたくさんあるんですよ、現状の資産運用って。ネットじゃなくてそこら辺にある証券窓口に行ったらそれこそ馬鹿みたいに高い手数料です。さっきのネットの比じゃありません。

ちなみに株を買うこと自体は恐ろしく簡単です。クリック何回かで終わります。あっさりし過ぎて僕もこんなもんか…と思いました。

まとめ

節約が出来ていない人はまず支出を抑えましょう。家計簿をつけろとまで言いません。

機械的に一定額どっかによけておくだけでお金貯まります。人間って不思議な生き物で、あればあるだけお金使ってしまいます。僕も経験ありますし、皆さんもあるはずです。

20万円から2万円なくなった状態で始まると、不思議と18万円でやりくりできます。

節約できている人は資産運用を始めましょう。

でも口座開くのは結構めんどくさいです。が、一回開けば後はずっと使えるので最初のめんどくささは我慢しましょう。

でもここまできてもお金持ちへのスタートラインなんですよねー。

スタートラインにすら立っていないかもしれませんし笑

道は果てしない…でも何事もやってみなければ進みません!

それでは。

※応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです!

 
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(20代)へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PC左側アドセンスコード PC左側アドセンスコード