休日の過ごし方を見つめ直す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

どうも皆さんこんにちは。

僕が資産運用や節約に取り組む前、休日をどのように使っていたのか…ふと考えてみました。

昼過ぎに起床、夕方はだらだら、夜は惰性の繰り返し

まず前日の夜遅くまでインターネットサーフィン(2chまとめ等)やYoutubeなど見たり、ゲームをしたりしていました。たぶん深夜の2時とか3時くらいまで起きていました。

これは趣味の一つでもあるので、別に後悔はしていないのですが、良く考えたら非常に効率が悪い。

深夜に寝ると大体昼過ぎに起きます。そしてかなりぼーっとします。

意識の覚醒具合といいますか、何をするにしてもやはりすっきり目覚めた朝が良いです。

早起きは三文の得と言いますが本当にその通りだと感じます。

職場の同僚とかと話しますと、やはり同年代の方達は寝ていたいという欲求が強いのか昼過ぎまで寝ちゃうって人が多いです。

寝ている時間が無駄とは言いません。僕も寝ることは大好きです。

でも、こうして自分が寝ている間にも副業を頑張っていたり、資産運用のために日々学んでいる人たちがいるという事実を目の当たりにして、少し考え方が変わりました。

夕方から夜にかけては何かをする訳ではありませんでした。

前日夜更かしした内容を今日もまた繰り返し繰り返し。

確かに時間は万人に平等に与えられているかもしれません。

でもその時間を上手く使いこなせるかどうかって凄い大事。

その有限の時間の使い方、これも習慣だと思いますが、それが後になってボディブローのように効いてくる。

きっと年齢を重ねてからでは後の祭り。

副業で成功している人や資産を築き上げている人たちを見ると、ここに凄い集中力を割いているように思います。

若いうちの苦労は買ってでもしろ

って格言あるじゃないですか。これってどう捉えるのかで大分印象変わると思います。

成功者達は、他の誰かが夜帰ってお笑いのテレビを見たり休日にだらだら過ごしている間に、ただひたすら目標のために努力し頑張ってきたんだと思います。

もちろん会社員でも当てはまります。部長などの肩書きを持つ人たちって頑張ってきた人たちだと思います。

正直このご時世、年功序列だけで上がれるような簡単なものじゃないでしょうし。

役職のパイなんてとても少ないです。

時間の使い方を考えるようになった

やっぱり時間は平等にあるけれど上手に扱えた方がいいに決まってる。

必然的に仕事でもダラダラするような瞬間は減るようになりました。

だって帰ってからの時間を有意義に使いたいのですから。

だらだらしていたらその分自分の時間が無くなります。

ぱっと仕事して!ささっと帰る!そして副収入のことを考える!

時には仕方がない残業もあります。その時はその時で頑張るしかありません。

そのことについてブーブー文句言っても始まりません。

行動!行動!

どうする?

時間はどうしたって過ぎていくものなので有意義に使いたい。

楽しく過ごしたい。幸せに生きたい。これって普通の感情です。

今日は日曜日。有意義な一日にしましょう。

それでは。

※応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです!

 
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(20代)へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PC左側アドセンスコード PC左側アドセンスコード