資産価格の上下はやっぱり気になるもの

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

どうも皆さんこんばんは。

なんやらトランプ効果で僕の持っている資産価値も絶賛上昇中です。

というより買ったときと同じ価格にやっと戻りました。

嬉しくなってしまう内は、まだまだ投資家としての器が小さい気がします。

このような状態になる前は為替含めて-30%くらいになりました。

そのときは何もせずただ黙って見ていました。不思議と焦るようなことは無かったです。

恐らく異常に急騰したり暴落でもしない限りは売却しないと思われます。

投資する会社はどのように決める?

僕が投資する会社は強固な経営基盤を持つ会社のみと決めています。

誰もが知っていて、誰もが毎日使わなければならず、とても素晴らしい製品を売っている会社。

そして、資本主義が続く限り、その会社は未来永劫繁栄し続けると思っています。

当てが外れたら仕方無いですが笑

身の回りのものから考える

不景気になってもコカ・コーラを飲む人はいるし、風邪が引けばJ&Jの薬などを使うでしょう。

家で洗濯しない人、食器を洗わない人などはいないでしょう。洗剤でP&Gはとても有名ですね。

誰もが服を着なければなりません。睡眠は必ず必要です。快適なベッドシーツや衣服を作る原料は石油です。

不景気になっても先進国の方々はスマートフォンは必ず使います。そしてどんどん途上国の人たちも使うようになるでしょう。

これが無い生活ってもう考えられないと思います。

本質的に人間にとって必要なものを売っている企業は本当に強い。

煙草といえばマルボロ(アルトリアグループ)です。

それぞれにいろいろなブランドがありますが、煙草も規制がありそうで新規参入は難しそう。一種の独占状態です。

洗剤系もいろいろありますが、日本の有名な企業「花王」は25年も連続増配しています。

連続で増配できるってのは凄いことです。経営基盤が強くなければできません。

P&Gは60年増配しています。

過去から振り返ると難しい

そうはいっても例えば1990年。僕が生まれた時代にタイムスリップしたとして、このように連続で増配し続ける企業に投資できるかと言えばそれはそれで難しい。

途中で増配やめちゃうかもしれないですし。

僕の保有するApple社が「20年後もiphoneで利益あげていると思いますか?」と聞かれると自身がありません笑

つい少し前までウォークマンという素晴らしいデジタルオーディオプレーヤーがありました。

今はスマホや他の音楽プレーヤーにその座を奪われてしまっているように見えます。

未来は誰にもわかりません。でもだからこそ面白いです。

※応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです!

 
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(20代)へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PC左側アドセンスコード PC左側アドセンスコード