継続は力なり。知識は力なり。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1


どうも皆さんこんにちは。

ブログを始めた目的は色々ありますが、一つには自分の当時の考えを整理できることがあげらます。

例えばいつかの節目があったときに去年の自分が何を考えてどんな記事を書いていたのかがわかれば、変わっていることと変わっていないことがとても良くわかります。

過去に遡って自分の変化を発見することは通常容易ではありません。

それは家計簿についても同様です。

1年前の自分の収入と支出を覚えている人なんてほとんど100%と言っていいほどいないでしょう。

記録を付ける”習慣”はあなたにとってとてつもなく重い鎖となります。

家計簿が3日坊主で終わってしまう人は必ず1カ月続けるためのルールを自分に課してみるのはどうでしょうか。

口だけで家計簿やると言っても絶対に続きません。

僕の彼女がそうでした笑

今もやる気がありませんが…まぁ僕がやってるので結婚しても大丈夫かと思います。

もしも旦那さんなら、奥さんに宣言してみるのも手かもしれません。

「もし1カ月続けられなかったら、お小遣い1年間我慢する」とか笑

達成できないときのダメージが大きれば大きいほど、そして実際にそれを実行しなければならない圧力があればある程、ルールの威力は増します。

予め絶対のルールを設けるというのは、先取り貯蓄にも共通する概念だと感じます。

給与天引きというシステムを先に導入してしまえば

”後から引き出せない、つまり残りで頑張るしかない”

という制限を自分に課すことができます。

人間は精神的にとても弱いです。

少しの誘惑でお金を使ってしまいますしね笑

もし金融関連で初めてこの記事を見てくださった方がいらっしゃるとしたら、給与天引きを始めてみることをお勧めします。

月に1万円でも結構。

塵も積もれば山となります。

1万円が1年で12万円に。それを10年続ければ120万円です。

たかが120万円と侮ってはいけません。

それは1万円を貯蓄し続けるという習慣やルールが無ければ

ほとんど不可能に近い程、達成することが困難な金額なのですから。

この”先に設定してしまえば後から融通がきかない”というシステムを僕はとても気に入っています。

例えばスマホとかもそうなんですが、月に1万円くらいの金額を払うのは僕にとってはとても高額と感じていましたので、シムフリーのスマホに替えて月2000円に切り替えました。

”最初に”切り替えてしまえば、後はもう楽です。

何もしなくても8000円の節約になるのですから。

…今日は仕事が遅くなってしまい投稿が遅れました。

仕事終わりに文章を書くのは中々難しいものですね。

それでは。

※応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです!

 
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(20代)へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PC左側アドセンスコード PC左側アドセンスコード