複利と時間。それは宇宙の如何なる法則よりも絶大な威力を誇る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

どうも皆さんこんばんは。

今日は僕が知った宇宙最強の法則を説明します。

と言ってもこのブログに来る人たちってきっとお金にも興味があって

そんな話は耳にタコができるくらい聞いたことあるよこいつは何を言ってんだ?

となると思いますが、ご容赦ください。

考えている通り同じ内容です笑

複利の力

資産運用する上で絶対に外せないのがこの複利というものです。

単利と複利というものがありますが、簡単に言うと元本と利子の関係です。

単利は元金だけに利子が付きます。

複利は元金+利子に利子が付きます。

例えばあなたが100万円持っていて利子が5%だとしましょう。

ちなみに利子5%ってやばいです。

日本で有名なゆうちょ銀行、預金利率知っています?

0.001%です。

1年目に単利は105万円になります。複利も105万円。

次の年、単利は100万円にしか利子が付かないので110万円です。

複利は100+5万円に利子が付きます。よって110.25万円。2500円得ですね!

ここでたかが2500円と侮ってはいけません。

これが後々大きな差になっていくのです。

下図に運用のグラフを貼り付けます。

複利計算」とグーグルで検索すれば、わかりやすいサイトが出てきますので調べてみてください。

あなたが25歳だとして40年後、65歳のあなたが受け取るお金は単利では295万円です。

複利運用では670万円です。

400万円近い差が生まれます。

まぁ65歳になったときの物価がどうなっているのかという問題もありますが、それはまた別の機会に。

毎月一定額を貯金するという行為も単利に近いと僕は考えています。

100万円の貯金があったとして月に3万円ずつ。年に36万円。

どんなに頑張っても36万円ずつしか増えません。しかし資産運用すればどうでしょうか?

136万円に利子がつきます。更に資産運用とは別に毎年36万円追加します。

100万円だけで資産運用するより、はるかに速いスピードで資産形成することが可能です。

いずれ、自分の投入額がちっぽけな存在になるぐらい、資産自身が雪だるま式に勝手に増えていきます。

僕はそれを目指したい。

72の法則

これもとても有名な法則です。

ある利率で資産運用した場合に何年間でその資産が倍になるのか簡単に求めることができます。

年利6%の場合、72÷6=約12年。年利5%の場合、約14年。年利14%の場合、約5年。

という具合に100万円が200万円になるまでの年数を示しています。

S&P500種の数十年に及ぶリターンが年率約11%ダウ平均で年率約12%くらいです。

もう一度銀行預金の金利を言います。

0.001%です。

昔は預けているだけで8%とかの金利が付きました。だから昔の人は貯金しなさいと言ったのです。それ以外にも必要なときにお金が無いのは非常に困るから貯金が大事だと言うのはわかりますが、今のままでは資産は一向に増えていきません。

どこかのコンビニで手数料取られるものなら一瞬で金利分なんて吹き飛びます。

銀行に預ける意味があるとすれば、自由にいろいろな場所からお金を引き出せることと、盗まれる心配が減るぐらいですかね。

それなら手数料無料の銀行を選びます。

僕は住信SBIネット銀行に口座を開設していますが、月に5回ATMの引き出し手数料が無料です。

まだそういう口座を開設していない人はこの機会に開設してみてはどうでしょう?

まとめ

若い人は特に、先ほどのグラフからもわかる通り、すぐにでも行動を起こす必要があります。

迷っている間に貴重な時間は過ぎ去り、大切な資産と資産運用の経験を得る機会を失ってしまいます。

成功する秘訣は行動を起こすことだと僕は考えています。

例え失敗しても若い内なら挽回できます。

そう考えて、僕は資産運用をしようと決意しました。

※応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです!

 
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(20代)へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PC左側アドセンスコード PC左側アドセンスコード