114.5円/$で2000$購入

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

どうも皆さんこんばんは。

ドルを購入

昨日ドルを購入しました。114.5円/$です。

114円でも買えましたね。もしかしてまた円高に行くのかな。

正直言いまして為替は非常に難しい。

前年度100円を割ったら買おうかなとか思ってたら

あれよあれよという間に115円くらいまでいってしまいました。

後から見たら100円から105円のレンジ相場とか言うんですかね、これ?

その時に買えば良かったのですが、もっと円高になるのではないかと思って買わなかったのです。

そしてこの様です笑

トランプ大統領誕生でドル安円高じゃないの?とか考えていました。

この考えが合ってるのか間違っているのかもまだ分析出来るほど知識はありません。

やっぱり定期的に円を売ってドルに替えていく良くドルコスト平均法という手法が自分には合ってそうです。

ドルコスト平均法とは!!

ドル・コスト平均法(英: dollar cost averaging)とは、株式や投資信託などの金融商品の投資手法の一つ。定額購入法ともいう。金融商品を購入する場合、一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する。例えば「予定資金を12分割して、月末ごとに資金の1/12を投入し、一年かけて全量を買う」という手法。

高値掴みのリスクを避けるための時間分散の一種であるが、数量を等分するのではなく、金額を等分する点が単なる分散と異なる。価格が高い時は購入数量が少なく、安い時には多いため、単純な数量分割に比べ平均値の点で有利になるとされる。価格が下がった場合のみならず、上がったときにも買う点で難平買いとは異なる。

長期投資でリスクを抑制し、安定した収益を得たい場合に使われる手法である。上げ相場でドル・コスト平均法を行うと平均購入単価がかえって高くなり、収益を減少させてしまう欠点もある。タイミングを精密に測れないため、値動きの早い商品で、ハイリターンを目指す投資には向かない。

Wikipedia

だそうです。

上げ相場だとあまりメリットを生かせないのね。

でも正直これからは下げ相場だと思うのは僕だけでしょうかね。

何はともあれ

四半期に一度、株式を購入するのと同じように、円も定期的にドルに交換していこうかなと思います。

ブログを書いているとぼやっとしていた自分の中でのルールが明文化されていくので凄く良いですね。

どうやら投資に成功してお金持ちになった人たちって自分で決めたルールを忠実に守っていた人たちらしいですし。

固定ページに自分が書いたルールを書いていこうかと思います。

ところで貨幣で貨幣を買うって何だか不思議な気持ちですね。

交換と言っていますが実際には114.5円で1$買っているのですから。

まとめ

そういえば四半期に一度株式を購入するとも書きましたが、具体的に何月に買うとかも決めていない気がします。

キリの良い3月6月9月12月あたりにしようかと考え中です。一緒にドルも購入します

ルールについて、まとまったらまたご報告します。

それでは!

※応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです!

 
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(20代)へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PC左側アドセンスコード PC左側アドセンスコード