投資ルールについて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

皆さん、こんにちは。

これからブログを運営するに当たっていくつかのルールを決めていきたいと考えています。

ルール順守の必要性

半年間ほど米国株ブログを拝見していますと、それぞれ形は異なりますが実際に決めたルールを守っている印象を強く受けます。

自らの感情に振り回されないという最大限のメリットを享受できるからであろうと思います。

実際、株価が大幅に下がったときに僕は売りたくなりました。

というか日本株を少しやってたときは実際に売りました。その後株価は上昇しました笑

書籍を拝見する限りでも、右往左往して売買を繰り返せばそれだけ損失が大きくなっていくというのが大半の意見のようでした。

まずは株式投資だってやってみなきゃわからないじゃないか!というスタンスで一応100万円程投資をしておりますが

買ったまま1年程経っております。銘柄は総資産の欄に記載しています。

売買はせずに黙って株価を1年程チェックした感想としてはやはり株式は値動きが激しいの一言に尽きます。

一時、イギリスのEU離脱等があったときには為替の影響もあって-30%近く資産が減っていたと思います。むしろ僕がドルを買った時期は125円とか120円のときだったのでその後の円高は口を開けてみていました。

あそこで売らなかった自分を褒めたい半分、もっと買えば良かったなぁと後悔している半分という感じです。

安いところで買えば儲かるというのは頭ではわかっているのですが実行するのが非常に難しいというのが身に染みました。

これから資産運用をしていくにあたって、自分で決めた絶対のルールは非常に重要になると思います。

マイルールをどうするか

候補を自分なりに考えてみました。

ルール1 四半期に一度、個別株とETFを買い増す。

ルール2 個別株は10銘柄に限定する。

ルール3 個別株とETFの割合は1:1とする。

とりあえず考えているのはこんな感じです。

そんなにお給料を貰えているわけではないですし、売買の度に手数料を取られれば複利の効果も小さくなってしまうので四半期に一度買うことにします。

あまり大量に銘柄に分散しすぎるのは良くないということでブロガーの方たちを参考し10銘柄ほど選考します。

しかしながらインデックス投資が最強?という話もちらほら聞きますので、個別株投資とインデックス投資の中間を取るような投資スタイルでいこうかと考えています。

要するに中途半端です笑

給料から投資用資金への持ち出しをどうしたら捻出できるのか考える日々です。

やはり手取り20万円前後というのが痛いですなぁ。

しかしそんなことを言っていても何も始まらないので、節約を頑張るのに加えて、副収入を得るなどの何かしらの努力をしないといけませんね!

※応援クリックして頂けたらとっても嬉しいです!

 
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(20代)へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PC左側アドセンスコード PC左側アドセンスコード